【テンプレあり】自動車工場の期間工向け!履歴書の志望動機の書き方【例文あり】

「採用されやすい志望動機を教えてください!」

 

期間工の採用担当をしている私は、仲の良い現役の期間工からこのような質問されることがあります。

 

実を言うと年間に何百人もの書類選考・面接をしていると、だんだん合格のパターンが分かってくるのです。

そのパターンも全然難しくなく、およそ5つ程に分類することができます。

 

つまり合格した方の志望動機も似ているのです。

はっきり言って、コピペしたとしても気づかないかもしれないレベル。

 

なのに、余計なことを書いたり言ったりしているため、残念ながら不採用にすることも。

正直言うと、これはもったいない…と思ってしまうことが、結構あるんです。

 

そのような不安や失敗を無くすように今回は、期間工の志望動機の採用パターンを説明すると同時に参考になる例文もご紹介します。

履歴書でも面接でもすごく使える便利な志望動機です。

 

ですが所々に注意点があるので、面接で不採用となってしまうポイントも絶対に知っておくようにしましょう

面接時にNGパターンを言ってしまうと、不採用になる可能性があるからです。

自分が持っている最大限の能力を活かし、期間工で働くために事前の準備はしっかりとしておきましょう!

採用された期間工の志望動機には法則がある

採用される期間工の志望動機には法則があります。それは、企業が理想に思っている人物像に合わせに行っているということです。

企業の方が思っている理想的な期間工の人材像

まず、企業が思う理想的な期間工の人材像というのは、「無理してでも、製造現場に入り勤務してくれる歳の若い人材」です。

もっとわかりやすく言うと、

  • 気力があって若くて体力がある
  • 健康的な人材

を求めているのです。

 

製造業は体力が重要視されているので、若者であれば体力があるのだと思われやすいのです。

20代が採用されやすいと言われているのは、若さが一番のポイントです。

面接時は、若い人の方がはるかに有利になることでしょう。

合格するために書くべき志望動機

良い期間工を取るために企業側は、一生懸命働いてくれるのかを見抜くために次のようなことを気にしています。

  1. どうして正社員として働かないの?正社員として採用してもらえない方なのかな?※特に若い人の場合
  2. 女遊び、ギャンブル、その他諸々で作った借金はないだろうか?
  1. 実際、2年11カ月で解雇になるかもしれないことをきちんと理解しているのだろうか?

上記のような全く難しくない基準をクリアすることができれば、採用されるグッと高くなります!

それでは、実際に企業側が思っているような不安的要素に打ち勝つために、採用されるための志望動機をご紹介します。

期間工として働く目標を持っている

正社員ではなく、期間工を志望するのは、『具体的な目標や夢がしっかりとある』等の理由が志望動機として最も有効だと考えています。

例をあげると

「サラリーマンになろうとは初めから考えていないからです。期間工で貯めたお金で、自らのお店を出店したいと思っています。」

という風に答えるのがベストでしょう。

 

起業をしようと考えているというように答えるのが一番理にかなっています。

ですが、もしかしたら突っ込まれるかもしれない…思うかもしれませんよね。

 

私はこれまで面接官をしてきて「そうなんですねー」としか答えたことがないです。

同期からも細かく突っ込んだり、虚偽を図ったりしたという話は全く聞いたことがないです。

それでも不安な方は、もしもの時の備えて、突っ込まれた時に何を答えるか、おおまかでいいので用意しておくのをおすすめします。

お金が必要な理由を書く

借金があるので働きたい、などの理由の志望動機はあまりおすすめできません。

借金じゃなくて、給料を貯蓄して海外に留学したいなどの理由にするように心がけましょう。

 

起業とまでは言わなくても、どうして短期間雇用でお金がたくさん欲しいのかが、大事なポイントです。

過去にも海外を一周したいのでそのためにお金が必要と言っていた若い方もいましたし、オーストラリアへの留学のためにお金がたくさん欲しいと言っていた方もいました。

 

借金が悪いわけではありませんが、良い借金と悪い借金があることを覚えておくといいでしょう。

例えば、良い借金は自営業や会社経営などに失敗したり、悪い借金は女遊びやギャンブルで作ってしまった借金などです。

 

自分でお店を経営していたのだが失敗してしまった等の借金は、不採用になる可能性は低いです。

悪い借金の場合は、しっかりとした金融会社からお金を借りていないことも考えられます。

 

返済ができなくなると、借金取りの人が会社に来てしまうと困るので不採用、というようなことになりやすいのが理由です。

もし、良い借金の話であれば話してもまったく問題ないです。

しっかりとした商売で失敗してしまった人に関しては、そんなに過敏に反応して落とすなんてことはありません。

 

淡々と仕事をこなすのが得意

同じ職場にずっといるのがあまり好きじゃない人が期間工には結構集まります。

その訳は、短期間で何回も人が入れ替わるのが普通の世界なので面倒な人間関係がないのです。

 

さらに中小企業の正社員に比べても、それより期間工は稼ぐことができるので、何度も職を転々としたいタイプにはピッタリの職場で、志望動機としてかなり有効です。

 

人間関係がずっと入れ替わりの職場なので、普通の企業ではこのような志望動機は通りませんが、期間工の世界では全く問題ありません。

 

とある会社だと、隣で作業していた人がいなくなったと思ったら夜中に失踪していた、ということもある世界。

 

いつも同じ人間関係が得意じゃない人は、かなりオススメできると思います。

人間関係を大事にしなければならない期間工の方はめったにいません。

 

会社の福利厚生、理念などに魅力を感じる

どの企業の人も自社製品を気に入ってる方や実際に使用している方に好感を持ちます。

例をあげるとTOYOTAであれば、86に乗っていたりなど。

 

そして会社や寮設備が力を入れている部分に対する共感の意思を伝えるのも必須です。

ニュースを見たり、メーカーの公式サイトには必ず目を通し、キャンペーンや新情報、更新されている情報などにはしっかりと目を通しましょう。

 

実際にそれを覚えておいて面接へ行くと、面接時の会話がスムーズに行く場合もあります。

期間工の履歴書に書くべき志望動機テンプレ例文

採用を目指すためには、会社の求めている人物を意識しつつ、期間工をなぜ選んだかをはっきりと説明できるようにしましょう。

超短期で稼げるから期間工を選択したという志望動機が主な理由になりますが、期間工合格のためには、プラスのイメージで期間工を選択したことを伝えるのが大事です。

期間工に採用されやすい志望動機は、おおまかに次の3つの例があります。

  • 起業をするためにお金を稼ぎたい
  • 海外留学のための資金稼ぎ
  • 正社員を目指していない

それぞれテンプレとして活用することができる例文をひとつづつ紹介します。。

合格パターン1:起業するためにお金を稼ぎたい

起業をするため、短い期間で勤務したいという志望動機です。

採用される志望動機の例文1

採用されやすい志望動機の有効なテンプレートをご紹介します。

「私は仕事場をこれまでたくさん経験してきましたが、最終的に辿り着いたのは自分の店を立ち上げることです。今まで正社員として働いてこなかった理由は起業に必要なお金をためるためでした。期間工は短期間で、〇〇(自動車メーカー名)であれば起業するために必要なお金を貯めることができると考え志望させていただきました。」

上記のような志望動機であれば、人事担当の方の心配を全部解決できます。

採用される志望動機の例文2

「自分は今まで、非正規での仕事を主にしてきました。なぜかというと、起業するためのお金を稼ぐためです。起業資金を調達できるような仕事を選んできたので、短期的に給料の良い職場だけを選択してきました。今回、なぜ〇〇(自動車メーカー名)の期間工での就業を考えたかというと、起業資金を調達するにはとても待遇が良いと思ったからです。2年11カ月の期間満了まで精一杯頑張っていきたいと思っているのでどうかよろしくお願いします。」

合格パターン2:海外留学費用のためにお金が必要

実際に毎年フィリピンのセブ島や、オーストラリアに留学するためにお金が必要なので頑張りたいという若者が数多く期間工になります。

採用される志望動機の例文

「私は海外留学をして、将来は海外で仕事を出来るようになりたいと考えています。高卒では事務の仕事には日本ではなかなか就けないため、海外で将来活躍するために期間工でお金を貯めてから海外現地で頑張りたいと考えております。その際に〇〇(自動車メーカー名)の車を作ったことに関わったということは、グローバルな環境でも話題になると思いました。」

合格パターン3:正社員を目指していない

正社員をもともと目指していない理由なども採用されやすい志望動機です。

期間工は普通は短い期間の契約社員ですので、安定を目指した生活よりも多くのお金を短期的に稼ぎたいというように答えるのも良いでしょう。

採用される志望動機の例文

「自分は今までに様々な職場を期間満了としてきており、派遣社員の経験も長いです。様々な職場でずっと同じことをする作業が出来るタイプでないので、期間工の2年11カ月で期間満了をゴールとして、仕事を一生懸命に頑張ってたくさん稼いでいきたいと考えています。」

初めから正社員になることを考えていないタイプの人は、期間工としては取ってもらえやすいのです。

要チェック!志望動機の落ちる3つのダメな例

期間工で不採用となってしまう志望動機は、パターン化してると言ってもいいほどです。

持病で長期間働くことができないなどといった理由や、借金などの理由はマイナスイメージを与えてしまうので、自分から答えないようにしましょう。

ここからは、3つダメな例を順番に紹介していきます。

  • 借金を返すためのお金が必要
  • 精神疾患を持っていると思われる
  • 体力、肉体的に問題ありと見られる

落ちるパターン1:借金を返すためのお金が必要

期間工の面接時に関しての志望動機の中で一番多いのが、借金を返すために期間工に入りたいと思ったという言葉です。

これだけは必ず言わないようにしましょう。

自営業の失敗で借金ができてしまったなどの理由がある場合はそこまで問題にならないのですが、だいたいの期間工はギャンブルなどの遊びで借金をしていることが多いです。

「借金を抱えている人=余計なトラブルを起こしそうな人」と捉えられる可能性が高いです。

志望動機のダメな例

「自分は借金を返すためにお金がいるので期間工に応募しました。いくらお金があっても足りなくて困っています。どうかよろしくお願いします。」

落ちるパターン2:精神疾患を持っていると思われる

うつ病などの病気になってしまった方がリハビリや社会復帰のために期間工をしたいというケースが多々あります。

ですが、面接の場で正直に言うのはオススメできません。

短期雇用だから問題ない、と話している方がいるのですが、あまえい精神病を公言するのは避けた方が無難です。

自動車業界の企業によると、ひどいパワハラも見られるので、精神疾患になってしまった方が多くいます。

そのような意味で感じはあまりよくないです。

志望動機のダメな例

「うつを発症してしまい、正社員で働くことができないので、期間工として短期間の契約である3年以内の契約社員として勤務しようと応募しました。」

落ちるパターン3:体力、肉体的に問題ありと見られる

体力が無いなというイメージを与える志望動機もなるべく避けるようにしましょう。

期間工は体力を消耗する職場ですので、体力面に問題があるなと少しでも思われたら、その場で不採用が決定してしまいます。

その他にも、「体力がないので正社員として働くことが不安なので期間工に応募しました」というような志望動機も必ず避けるようにしましょう。

志望動機ダメな例

「自分はあまり体力がなく、正社員として長く仕事に勤めることができませんでした。期間工は短期間の雇用なので2年11カ月はしっかり働いてして頑張ります。」

 

履歴書はどれくらいの量の文字を書けばいい?

基本ですが履歴書は、埋められそうな欄は全て埋めておきます。

職務経歴書と違って、履歴書に空きがあるとやる気がなにのだと判断されかねません

履歴書の志望動機欄は、沢山描くようにしましょう。

期間工の仕事は文章作成能力を求められませんが、やる気がないと人事担当者に思われてしまう事だけは避けましょう。

履歴書はパソコン?手書き?どちらがいいのか

履歴書は手書きにしておくことをオススメします。

若い人事担当者はパソコンで入力したの履歴書の方が読みやすいので好む人が多いのですが、年配の人事担当者の方は手書きの方が好みます。

期間工の面接に年配さんが担当することはあまりないのですが、年配の人事担当者がもし出てきても採用してもらえるようにするためです。

なので、履歴書は手書きのものを提出するのをおすすめします。

まとめ

期間工の採用の判断基準としては年齢が若い肉体的、精神的に健康であることが重要視されています。

 

仕事の内容がきつい肉体労働に近いものなので、精神や肉体が強くなければ耐えることができないというようなケースが多くあるからです。

そしてうつ病などの持病は健康診断と面接では見抜くことができないので言わないようにしましょう。

内定後うつ病にかからなければ、全く問題ないのです。

 

年齢が高めの40歳より上の方は、体力アピールするために自分なりの努力伝えるようにしましょう。

スポーツ経験者ならば、40代以上であれども採用される可能性はあります。

 

若者は、一番に明るくポジティブな姿勢を見せることを意識してください。

それに加えて期間工の志望動機として一番は、起業するためにお金が必要なため期間工を選択したという志望動機です。

 

そして、ちょっとでも優遇されて働きたいと思っている場合には、期間工を募集している求人に早期赴任手当の有無を確確かめるようにしましょう。

早期赴任手当を出している工場は人手が足りないの工場からのSOSです!

これまで説明した、志望動機と要点をしっかりと参考にして、いい待遇の工場を選択してお金を稼ぐ期間工を目指していきましょう。