期間工のブラックリストはある?→あります&詳しく解説します

期間工は仕事がハードで、しかも、担当工程や寮に当たりハズレもあって、バックレようと思うこともよくあります。そんな時には、無理をしても続けられません。ダメな時には辞めることもありだと思います。

 

ただ、「ブラックリストに載ってしまう」可能性があること、「失業保険の受給前に待機期間がついてしまう。」というデメリットを忘れてはいけません。退職してから「デメリットがあるとは思わなかった」は通りません。

 

辞めたい気持ちと辞めた時のデメリットを天秤にかけてみて、辞めるか続けるかのどちらを選ぶか検討することが大切です。

 

今回は「期間工をバックレたときのデメリット」について解説します。

期間工の契約期間ってどれくらい?

「雇用期間に定めのある契約社員」が期間工の定義です。

 

わかりやすく言うと、「年末だけのお歳暮配達の宅配便のバイト」とか「夏休み期間中のプール監視員」のようなものです。
宅配便のお歳暮配達のバイトやプール監視員は期間工と言いません。

雇用形態も勤務期間も期間工とは異なりますが、「契約期間が決まっている」という点では同じです。
秋にプール監視員のバイトがないように、契約期間が終われば期間工も期限がきてしまいます。

 

2年11ヶ月が期間工の基本的な契約期間です。日野の2年とかデンソーの3年ジャスト、アイシンAW、NTNの4年11ヶ月とか、メーカーによる違いはありますが、概ね2年11ヶ月と認識してください。

 

つまり、期間工で「フル満了」は、2年11ヶ月働いたことを指します。

 

たとえ優秀な人の場合でも契約期間は決められているので、2年11ヶ月以上働き続けることは不可能です。

ただし、正社員になった場合はこの限りではありません。

 

契約期間は3ヶ月か6ヶ月ごとで更新

「もしかして、契約満了のためには2年11ヶ月も働き続けるの?」
そうではありません。

契約期間は3ヶ月や6ヶ月などで区切られていますので、心配しなくても大丈夫です。

3ヶ月働く→(満了or更新)→3ヶ月働く→(満了or更新)→3ヶ月働く→…・2年11ヶ月(フル満了)

例えば、3ヶ月更新制のメーカーであれば、3ヶ月ごとに「満了して退職する」「更新して続ける」のどちらかを選びます。

 

「更新して継続します」と答えると、契約を更新してそのまま3ヶ月働き続けることができます。
そして、また3ヶ月経つと「満了する」「更新する」の選択をします。

このようにして、フル満了まで3ヶ月ごとの契約更新を繰り返します。
「更新して継続します」と返答しながら、次の3ヶ月が来る前に辞めると、契約途中で退職したことになってしまいます。

わかりやすく例えると、3ヶ月働いて契約を更新したのに、その1ヶ月後に辞めると契約途中での退職扱いになりますので、注意が必要です。

 

3ヶ月ごとの更新時に「退職します」と言えば、円満退職で満了金も受け取れます。
会社都合ではない「期間満了」扱いになるので、7日間の待機期間の後、すぐに失業保険の受け取りも可能です。
長期で勤務したメーカーによっては、次の採用で日給のアップや、経験者手当が加算されることもあります。
上司にとっても、事前に退職が把握できるので、次の担当者を育てる準備ができ好都合です。

 

ですから、期間工もメーカーも円満に収まる、期間満了での退職が理想の姿です。

 

そうではなく、契約途中で退職した時には、問題も発生します。

バックレたときのデメリット

トヨタ系列にはブラックリストがある?

トヨタ自動車本体だけでなく、系列会社のデンソーやアイシンAW、ダイハツや豊田自動織機、その他トヨタ車体やトヨタ紡織なども含めたいわゆるトヨタ系列は、期間工の情報が共有されているといいます。

ですから、契約途中で退職した人はもう絶対に雇用しないともっぱらの評判です。

 

「契約途中で退職した場合、次回の採用はありません」とトヨタは公表していません。

しかしトヨタ系列で途中退職すると、ブラックリストに入ることは間違いありません。

 

トヨタの他にも、「三菱自動車とパジェロ製造」や「日産のそれぞれの工場」などが情報を共有している可能性があります。

決して油断しないでください。

 

情報の共有に対処する方法としては、トヨタからホンダ、デンソーから日産というように、メーカーを変更すると安全です。
ただし変更した直後に、年末調整や保険などでバレてしまう可能性もあります。

しかし、普通は履歴書に「日産自動車を2ヶ月で退職」と正直に書かなければバレることはありません。

 

どう頑張っても続けられなくて契約の途中で退職した時に、メーカーを他に変われば働けます。
とはいえ、同じ派遣会社の場合はダメなこともあります。

その場合は派遣会社を変更したり、メーカーに直接応募したりするなど応募方法を変えます。
派遣会社は多くありますので参考にしてください。

失業保険の受給までに3ヶ月の待機期間が発生する

契約満了で退職すると、失業保険を3ヶ月の待機期間を待たずに受給できます。

 

「期間満了」ですから「会社都合」ではないので、受給期間が伸びることはありません。

しかし、待機期間の3ヶ月を待たずに失業保険を受給できるメリットは、大きいものがあります。

 

契約途中でバックレると、そのメリットは当然ありません。
3ヶ月の待機期間が発生するので、失業保険をなるべく早く受け取りたい人は期間満了を目標に働き続けましょう。

 

無理な時は事前に相談して辞める

デメリットはありますが、無理は禁物ですので、どうしても働けないなら辞めることも選択肢の1つです。
その場合、上司に事前に相談するなど手順を踏んで退職します。

→期間工を「すぐ辞めたい」と感じたら!怒られない即日退職の方法を解説

 

期間工の募集は多くあるので、今のメーカーがダメでも、他の系列で働くこともできます。
普通バックレた時に失業保険の手続きをする人はいません。
理由は「直近2年で11日以上働いた月を12ヶ月以上」という、失業保険の条件に当てはまらないからです。

失業保険を受給するのであれば、当然わかっていることですよね。

 

このように、契約途中のバックレはデメリットが2つ程度ですので、極端に心配しなくても大丈夫です。
「無断欠勤が続いて、出勤しづらくなった」というような退職は当てはまりません。

しかし、退職する前に勤務先と相談して後腐れのないように辞める場合は、この限りではありません。
身体や心を壊すまで無理をしないほうが大切だということを忘れないでください。

 

最初の3ヶ月でも満了なら大丈夫

期間満了でもあまりにも短期の場合は、良くないのでは?と心配する人もいます。

そんな状態でも、経験者手当を将来的に目指しているのでなければ、最初の3ヶ月でも満了であれば大丈夫です。

 

トヨタ系列は不明ですが、「三菱自動車がきつかったので最初の3ヶ月で退職して、直後に系列のパジェロ製造の応募でも合格」という人が現実にはいます。

 

期間満了という制度は、1ヶ月でも3ヶ月でも満了であれば辞めてもかまわないものです。
ただし、「初回の3ヶ月で辞めたのは根性がない」、「最初の3ヶ月でうちも辞めるの?」というように、面接で不利になる可能性もあります。

そんな時は、うまく誤魔化せばよいだけで、初回又は短期間の満了だからブラックリストに載るとか不採用とかは考えられません。

 

短期やラクな期間工を選ぶのも方法

ブラックリストや失業保険に関しては、必要以上に意識することは意味がないと個人的には感じています。
ブラックリストに載っていなくても、採用されない時は採用されません。
どちらかといえば、契約途中で退職する人は、失業保険の受給が目的ではなく、別のメーカーでもう少し働きたい人のほうが圧倒的に多いと思います。

 

実際に、業務内容も厳しくて、当たりハズレもある環境で、期間満了まで何が何でもがんばることはありません。
仕事や環境が合っていない時には、辞めてもかまいません。

 

そうは言っても、できれば期間満了で退職したいと誰もが思うので、「3ヶ月ごとに更新制のメーカー」とか「比較的仕事がラクなメーカー」、「残業が割と少ないメーカー」とか、自分なりに継続できそうな期間工を見つけて応募しましょう。
反対に、「稼げるならきつくてもかまわない」ほうがよいのであれば、稼げるメーカーをおすすめします。

 

このように、自分の考えになるべく近く、できるだけ長期間継続できそうなメーカーを選ぶことを心掛けましょう。
これも長く勤務するポイントです。