期間工を「すぐ辞めたい」と感じたら!怒られない即日退職の方法を解説

入社初日にもう辞めたいと考えている期間工の人はいませんか?

「初日の安全教育の段階でもう辞めたくなった・・」

「やっぱり、期間工は私には無理だった・・」

「えっ?こんなに大変なの・・」

同じような経験をする方、初日、初月など勤めはじめたばかりの段階で挫折する方は数多くいます。

更新前に辞めたら、損害賠償を請求されてしまう、転職に影響がでてしまうのではないかと考える人もいます。そして、正直辞めることすら怖くなってしまう人も多くいます。

そんな中で「自分には期間工を続ける気力が持てない」と悩みを抱えていませんか?

でも心配はいりません!

私はこれまで、人事として期間工の採用を行って行く中で、多くの人が即日退職している実態を見てきました。その数は意外なほど多いのです。

今回はこの経験を通して得た知識をもって、即日退職してしまった場合でも期間工従業員、企業や紹介元にとって最も少ない痛手で終了する方法をお伝えします。

痛手の少ない辞め方だけでなく、辞めた後もどのように行動するべきかアドバイスしますので、安心して退職する準備を進めてください。

期間工では珍しくない即日退職!即日の退職も可能

即日退職する期間工の方は数多くいます。即日の退職も可能です。

入社した初日や初日の安全教育を受けている途中で、自分にはやはり合わないといって辞めてしまう人もいます。

係長に伝えるのが難しい場合は班長に相談するのがおすすめ

現場の係長に伝えるのが難しい場合は、班長または職長に相談してみるのがおすすめです。

理由としては、係長は現場にいないことも多く、退職の相談をするのが難しいからです。

常に現場にいる班長や職長ならば、逆に相談しやすいのです。

期間工の即日退職は意外なほど多い

過去の経験から言うと、即日退職する期間工の割合は約3割にも上ります。

時間が経過するにしたがい、徐々に離職率が低下していきます。

入社したと同時に合わないと思った人が、早急に辞めてしまう傾向にあります。

感覚的に、約3割の人が入社して1週間程度で退職していきます。

ほとんどの期間工が定着するようになるのは、一ヶ月を超えた時点からです。

経験則から以下のような傾向が見られました。

退職までの期間 割合
1週間 30%
2週間 20%
1ヶ月 10%
3ヶ月 5%

無断欠勤してそのまま退職してしまうのは厳禁!3個のデメリット

無断欠勤してそのまま退職してしまう方は、毎年一定数出てきます。しかし、デメリットがあるので、出来るだけ避けるようにしましょう。

デメリット1:健康保険の喪失手続きができず、医療費が全額負担となる

まず一つ目のデメリットとして挙げられるのは、健康保険などの喪失手続きが出来ないことです。

健康保険証がないと病院にいったときに全額負担となります。その結果高額の医療費がかかってしまいます。

デメリット2:人事にとって前科一犯の「懲戒解雇」は転職時に苦労する

二つ目のデメリットとして挙げられるのは、無断欠勤してそのまま退職してしまうという行為が、あまりにも悪質だとみなされると懲戒解雇とされる可能性があることです。

懲戒解雇歴があると、次の会社に雇用してもらうことが難しくなります。

人事関係者の間では、懲戒解雇をよく前科一犯と表現します。

そして、犯罪者のような悪人並みの扱いを受ける可能性があります。このような理由から、無断欠勤してそのまま退職するようなことはやめましょう。

具体的な例を紹介すると、懲戒解雇を受けた場合は、履歴書の賞罰欄に「懲戒解雇」と記入しなければなりません。記載しないと、履歴書への虚偽記載にあたります。

また、経歴詐称になりますので、面接を通過することが非常に厳しくなります。

デメリット3:失業保険の支払いが7日から3ヶ月に伸びる

3つ目のデメリットとして挙げられるのが、失業保険の待機期間が、7日から3ヶ月になります。

期間満了で退職していれば、待期期間7日で受け取れるはずだった失業保険が7日では受け取ることができなくなります

金銭面であまりにも大きなデメリットがありますので、無断欠勤してそのまま退職することは避けるようにしましょう。

補足情報ですが、即日退職した際も、もし前職で1年以上雇用保険の加入履歴がある場合、その期間中の失業保険を受け取っていなければ、失業保険を受け取ることができます。

期間工の人事が教える退職までの流れ

基本的に辞めたいと思った人を引き留めることはしません。

辞めたいといえば、退職願だけ提出してそのまま帰宅できますので、深刻に考えすぎないようにしましょう。

以下のような流れで、期間工の退職手続きは行われます。

  1. 退職願を係長に提出
  2. 係長から、人事の社員へ退職願が届く(届け出から1〜2日)
  3. 退職手続きをするため、人事担当の社員が、年金手帳と雇用保険の被保険者証を本人に返却(届け出から1〜2日)
  4. 本人から会社へ、社員証と、食券などの残り、健康保険証を返却(届け出から1〜2日)
  5. 帰宅(届け出から1〜2日)

辞めたいといえば、引き止めることは不可能です。よって、1~2日で会社を辞めることもできます。

会社にいるのがどうしても辛いという人は、即日でも退職をすることが可能です。

住む場所に困ったときは、入居可能な求人を紹介してもらうため求人紹介会社に相談しよう!

会社を辞めてしまい、住む場所などに困る場合もあります。

住む場所を手早く確保するためにすぐに行動しましょう。

社宅付きの新しい求人を探してもらうため期間工.jpなどを利用するのもおすすめです。

求人紹介会社に「何を言われるかわからない・・」と不安にかられる心配はありません。

求人紹介会社の社員は即日退職のような突発的な退職には慣れていますので、新しい仕事を紹介してもらうことも可能です。

 

辞める理由はどうする?そのまま使える退職理由2個

最も効果的な期間工の退職理由は、

  • 病気になってしまった
  • 家族が急に病気に罹患してしまい、実家に帰ることになった

というものです。

理由としては、病気(特に精神病)や家族の病気などは、だれも予測できないものですし責めようがありません。

即日退職したら二度と採用されない?出戻りの実態

即日退職したら、採用されることはほとんどありません。

再び雇ってもらいたいと考えた場合、かなり不利な状況となります。

面接では責められる可能性が高く、おすすめできません。

同じメーカー系列の採用に影響は出る?

同じメーカー系列の場合、採用に影響が出るおそれがあります。

また同じ系列のメーカーでは、採用を担当する人事同士が情報を共有していますので、可能であれば避けるようにしましょう。

ただし、履歴書に関しては退職が決まった時点ですぐにシュレッダーをかけるため、あくまでも人事の記憶の範囲内での情報共有となります。

即日退職の方のことは人事担当者もほとんど覚えていないかもしれません。よって、そこまで気にする必要はない可能性もあります。

次の転職先にバレる?次の転職への影響とは

次の転職先に影響が出ることはそれほどありません。

なぜなら、即日退職をしたとしても履歴書には必ずしも記載する必要はありません。

このため、履歴書に即日退職の事実を記載しなければ、問題とはならないからです。

即日退職のケースでは、健康保険などの加入の手続きもまだ行われていません。このため保険加入履歴もありません。

よって、自分から履歴書に不利になるようなことを記載しなければ問題ないのです。

転職の面接の際、採用に不利になるような事実を、自分から記載する必要はありません。

雇用保険に加入するのは、入社して一ヶ月が経過したあとです。健康保険については入社即日に手続きを行います。会社の組合には1週間程度で登録されます。

即日退職で気をつけておきたいその他のデメリット

派遣会社を経由している場合、即日退職をすると、人事には怒られることがなかったとしても派遣会社社員の心証を悪くする恐れがあります。

一度なら許してくれるとは思いますが、複数回にわたって即日退職を繰り返してしまうと、派遣会社は求人を紹介してくれなくなる可能性が高いです。

最初の契約期間の半年間は、可能であれば我慢するのが無難です。

期間工を辞める!期間工から転職する人の3個の選択肢

期間工の人事を担当し、約6年間で約2,000名の期間工を見てきた経験に基づいて分析すると、期間工を辞めて転職する人は、大体次の3つのパターンのいずれかになります。

  • 自分で起業する人
  • もっと肉体的に負担が軽い仕事へ転職する人
  • とび職など、スキルが身につく業界へ転職するする人

期間工の仕事は良くも悪くも期間限定の仕事なので、自分で起業するか、同じ工場労働でも肉体的な負担がもっと軽い仕事へ転職していきます。

また建築系のとび職など、スキルの身につく建築業界へ転職し、一人親方を目指す人もいます。

とび職系の求人をハローワークや自分自身のツテを頼りに探し、転職していきます。

最も多いパターンとしては、期間工と比較して肉体的な負荷の低い求人を、転職サイトなどで探し出し転職していきます。

工場の求人に限定し、転職サイトを活用する人が多い印象があります。

おすすめの転職サイト:ベスト3

期間工から転職するにあたっては、おススメの転職サイトが3つあります。

1位:期間工.jp

入社祝い金キャンペーンなども実施しており、自動車業界の期間工あっせんに非常に強みを持っています。

完成車メーカーで「肉体的にきつすぎた」という方は、ここで肉体的に楽な部品メーカーの求人を探すのも良い方法です。

期間工.jpは人事関係者からの紹介実績も多く、信頼を得ているといえるでしょう。

期間工.jp 公式サイトへ

2位:工場ワークス

工場ワークスはその名前が示す通り、工場の求人に特化した転職サイトです。

完成車関連の求人から部品関連の求人に至るまで、様々な求人が掲載されています。

注意点としては、派遣会社求人が掲載されているので、誤って登録しないようにすることです。

工場ワークス 公式サイトへ

3位:工場求人ナビ

工場求人ナビも、期間工の転職にはとても有用な転職サイトです。

時給から仕事探しを行うことができますし、面接したその日に寮に入居できる求人などもあります。

もしも即日退職してしまい、住居を探している場合は、工場求人ナビで仕事を探すのも非常に良い方法です。

工場求人ナビ 公式サイトへ

まとめ

期間工が即日退職をする際には、きちんと係長と人事に意思を伝え、話し合いをすれば、咎められたり引き止められることもまずありません。

ただし無断欠勤してそのまま退職してしまうと、再就職の際に不利になるだけでなく、健康保険証の喪失や雇用保険の手続きが遅れてしまう可能性もあります。

特に無断欠勤してそのまま退職し、そのままにしておくと、懲戒解雇履歴がついてしまう可能性があります。懲戒解雇履歴がつくと再就職の際に不利になってしまいます。

「辞めたい」の一言さえきちんと伝えておけば、その後に問題が発生するようなことはありません。

精神疾患や家族の病気などを理由にすると退職も問題なくできます。

会社を辞めたことにより住む場所に困ってしまう場合は、期間工.jpのような寮付きの求人がある派遣会社を利用することで当座をしのぐようにするとよいでしょう。

即日退職といっても無断欠勤してそのまま退職するようなことがなければ、特に問題

となることもなく再就職できますので、しっかりと退職の意思を伝え、会社と和解してから辞めるようにしてください。

人事には即日退職で怒ったり咎めたりするような人はほとんどいません。よって、退職の意志だけは必ず伝えるようにしてください。

良い職場との出会いがありますようお祈り申し上げます。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。