期間工の入社祝い金はいつもらえる?

期間工で働く大きなメリットの1つ「入社祝い金」ですが、「いつもらえるんだろう?」って気になっていませんか?

この記事では、そんなあなたのために、入社祝い金がどのタイミングでもらえるのかについて解説します。

期間工の入社祝い金はいつ受け取ることができる?

入社祝い金もらうことができるようになるまでには、一定の時間がかかります。

採用=入社祝い金の受け取りではありません。

 

申請後、受け取ることができるのは60日以内など、求人サイトによって期日や内容が違います。

 

多くの企業では、実際に業務に就き働いていることを確認後に支給されています。

 

できるだけ早く「入社祝い金」をもらいたいところですが、先ずは条件をクリアすることから始まります。

条件を設けることで、悪意がある求職者を省く目的もあります。

 

受け取りには、申請が必要です。

きちんとチェックしておきましょう。

入社祝い金を確実にもらうにはどうすればいい?

入社祝い金をもらうには、「入社祝い金」の対象となる求人に応募することが必須です。

求人情報は、求人サイト・求人誌・フリーペーパーなど複数の媒体で掲載していることがあります。

 

求人サイトにのみ、「入社祝い金」の記載がある場合、「入社祝い金」は求人誌やフリーペーパーから応募をしても、「入社祝い金」受け取る権利はありません。

 

採用が決まった後は、実際に働き始めた初日の勤務終了後に申請ができるようになります。

申請は労働者がしなければ、入社祝い金を受け取ることはできません。

 

必ず、必要な条件と申請方法について個々に求人サイトでチェックしておきましょう。

 

入社祝い金に関する気になる疑問

■本当にもらえるの?

入社祝い金について「危ない話し?」と疑う方や、「採用されるには難しいのでは?」と感じる方もいますが、実際には逆です。

 

「入社祝い金」は、企業が「積極的な人材採用をしている」というメッセージともとることができます。

 

つまり、応募をすれば採用される確率が高い求人とも言えるわけです。

 

希望の人材を採用することができれば企業にとって有益となり、求職者は「入社祝い金」をもらうことができ、ともにウィンウィンの関係が成り立つ求人です。

 

■入社祝い金の相場ってあるの?

工場の「入社祝い金」は雇用形態により、数万円から10万円を超える「入社祝い金」を出す企業もあり、様々です。

 

金額が高い企業になると、20万円超えの「入社祝い金」が出る自動車メーカーの期間工などもあります。

 

期間工で働くことを考えている方は、チェック項目の一つとされる方もおられるでしょう。

 

 

■ 「入社祝い金」は課税対象となるのか?

高額になればなるほど税金も社会保険料も高くなりますが、企業や求人サイトによって捉え方に違いがあります。

 

企業の就業規則などによっても変わりますので、個別に問い合わせておきましょう。

 

■求人情報を見る時の注意点!

求人サイトで検索をする際に、絞り込みをしておけば「入社祝い金」が出る求人は容易に集めることが可能です。

 

高額な条件に応募したいと考えるのは当然のことですが、すぐには決めずにキープリストに保存してから比較検討しましょう。

 

ジョブコンプラスも併せて検討してください。

 

自分の希望に合う求人を探し出しましょう。

 

月給や待遇もしっかり見て応募しよう!

臨時収入になるメリットがある反面、実際はどうなんだろう?と不安や疑問に思う「入社祝い金」。

 

支払われる仕組みや、相互のメリットがわかると、抵抗感なくもらうことができるようになります。

さらに、応募の際の判断材料に加えることで求職に対する意欲が上がり、入社後の労働に対するモチベーションも高くなるでしょう。

 

一つ、求職の際に気をつけることと言えば、「入社祝い金」目的で企業を選ばないようにすることです。

 

企業の雰囲気、将来的にキャリアアップに繋がる業務なのか、自分にとってやりがいがある仕事なのか、などをしっかりと捉えて応募するのが懸命です。

 

月給や待遇面などをしっかりとチェックして、自分にふさわしい求人に応募してください。